プラモクラフトブログ

Oガンダム 改造 vol.2 仮組

2019/11/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

前回から始まりました、Oガンダム改造記事。

Oガンダム 改造 vol.1 1週間モデリング開始

前回はOガンダムの使用するパーツの選定をしました。
今回は仮組を進めていきたいと思います。

頭部、肩、腕、太もも、足首を決めていきます。
今回のミキシングテーマは「人体」、
そして「塗装工程の短縮」です。
人間のような生物間のあるOガンダムを目指してみます。

またなるべく塗装しないで作れるように、
パーツを構成していきます。



頭部

頭は、Oガンダムと似ている頭部、
RX-78の頭部の何かを探したいと思います。

ただ、宇宙世紀のガンダムの頭部をもってきた場合、
00世界のOガンダム胴体とマッチしにくいと思い、
ビルドシリーズから探してみました。

そこで、思いつきました頭部はベースガンダムです。

この頭部はほぼ初代RX-78のデザインなのですが、
微妙にデザインの違いがあり、
そのクセがカッコいいのです。

腕部

肩も頭部と同じベースガンダムを使用します。

これは、Oガンダムのものより丸みがあり、
やわらかい印象になります。

腕はOガンダムとは少し違いますが、
大河原デザインでもあるフリーダムのHGCEから。

この腕の前腕が、筋肉を感じさせるラインで美しい。
手首はやはり、ビルドハンズ角のMサイズです。

太もも

太ももは私の作品では多用しております、
ビルドバーニンング太ももです。

ビルドバーニングの太ももの造形は、
個人的に1/144のガンプラで、
最も人間的で美しいと思っています。

しかし、股関節と膝までの内部フレームは、
ベースガンダムの物を使っています。

なぜビルドバーニングの内部フレームを使わないかというと、
膝ブロックの間接位置の短縮のためです。


ビルドバーニングのフレームでは、
脚が不用意に伸びてしまうので、
ベースガンダムの物を使うと短くできて、
人間の体型に近いバランスにできます。

しかし、そのままでは干渉してうまく可動のクリアランスが保てないので、
股関節装甲と、太ももの内部を削ってあげます。

足首

足首もベースガンダムです。
これは小さくコンパクトで、
人間の人体バランスに近いです。

因みに、足首のボールの受けのポリキャップの径が、
4.5ミリなので、Oガンダムの足首のボールジョイントと合わないので、
上の画像のように5ミリのピンバイスで穴を広げました。



まとめ

組み上がって参りました。
いかがでしょうか、キットのままよりも、
だいぶ人間っぽい自然な体型バランスになったと思えませんか?

全てのパーツを大河原デザインで合わせてるので、
違和感は少ないはずです。
ディティールの密度がどのパーツも一定です。

アースリィガンダム 改造 ジム編 vol.13 番外編ざんまい後検証

この記事でも書きました通り、
シャルドールもコアガンダムも海老川さんデザインなので、
親和性が高いことと同じことです。

本当に塗るパーツが少ない!
頭部の赤と、靴の赤を塗れば、
ほぼ基本塗装が終わります。

テンポよく進めていきましょう!
現在ブログランキング1位継続中!

皆様の応援のお陰です!
毎日更新がんばります!!
引き続きよろしくお願いします!

ガンプラランキング

駿河屋スタッフ募集中

この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ガンプラ LBX ビルドミキシング , 2019 All Rights Reserved.