プラモクラフトブログ

アースリィガンダム 改造 ジム編 vol.12 デカール、シール

 
この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

今回はデカール編です。

シールと、水転写デカールの二種類を使いまして、
機体の情報量と見栄えを上げていきたいと思います。



シール

前回ようやく塗装がほぼ終わり、
あとはデカールと、
仕上げのコートをするのみとなりました。

アースリィガンダム 改造 ジム編 vol.11 墨入れとカメラセンサーの塗装

まず最初に、シールから貼っていきます。

テトロンシール

今回使用したシールは、
RGデスティニーガンダムのテトロンシール。

白いラインのシールや注意書きが格好良く、
今風のオシャレさが有って、
アースリィに似合うんじゃないかなと考えました。

このテトロンシールは普通のシールよりも厚みが薄く、
水転写デカールに近いくらいキットに馴染むものもあります。

RGに附属するテトロンシールは質が高く、
美しい仕上がりになります。

しかし、いかんせん丈夫なために、
曲面への追随性が悪かったり、
パーツ表面にきれいにくっ付かなくて、
ちょっと浮いてしまったりすることもあるので、
できるだけ平らな面に使うことが望ましいです。

シール

ここからは普通のシールです。
使用したのは、2015年のキャンペーンで配布された連邦用シールと、

電撃ホビーマガジンの付録のシール2種類です。


電ホ付録のシールは、
薄くてテトロンシールに近い使用感でグッド。
EFSFや数字を使いました。

水転写デカール

水転写デカールも使用しました。
使ったのは、MGのF91の最初に発売されたデカールです。

もう10年以上前のもので、
水に付けた後に貼ろうとしたら、
ボロボロに崩壊してしまいました。

しかし貼る前の段階で、
デカールの表面に、
タミヤのデカールのりを塗ってしっかり乾かします。

薄い染みのようなスジが写真から見えますでしょうか?

その染みがデカールのりを塗った跡です。

これでデカールの強度が復活し、
今度はちゃんと破れずに貼ることが出来ました。

しかし、さすが水転写デカール、
右の普通のシールは余白の部分が目立っていますが、
赤い電源マークみたいな方は、
余白が自然に溶け込んでいますね。



最後に

いかがでしょうか、
全体の情報量が上がってさらに完成度が増しました。

あまりうるさくならない、
少し少な目のデカール量でやってみました。

ベタベタ貼りすぎるとバランスが難しいので、
少な目で練習してみて、
慣れてきたらバシバシ貼っても面白いですよ。

自分はセンスがなくて、いつも少な目です(汗)。
閲覧ありがとうございました。

次回は大詰め、
つや消しコートをエアブラシで吹いて終了になります!

現在毎日更新中!
ランキング1位も継続中です!ありがとうございます!

ガンプラランキング

駿河屋スタッフ募集中

この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ガンプラ LBX ビルドミキシング , 2019 All Rights Reserved.