プラモクラフトブログ

アースリィガンダム 改造 ジム編 vol.8 塗装パーツの色合い

 
この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

前回は塗装するパーツとしないパーツを選別しました。

アースリィガンダム 改造 ジム編 vol.7 配色

その塗装をするパーツを今回進めていきます。

表面処理を終えて、
サーフェイサーから、
白そして赤いパーツの塗装を行います。

そして、最後にコアジムを仮組してみます。



サーフェイサー→白

サーフェイサーは二種類使用します。

まず、白塗装の下地に使った、
Mr.サーフェイサー1200です。

これはグレーですが、
だいぶ白っぽいライトグレーなので、
明るい色の下地に使っても、
発色がいいです。

暗いグレーのサーフェイサーや、
黒サフを白の下地に使うと、
だいぶ暗くなってしまいます。

もちろん巨大感や渋さを出したいなら良いのですが、
今回は塗装しない白いプラスチックとの色合いを合わせたいので、
なるべく下地として表面の色に影響の出ない、
ライトグレーのサーフェイサーを使いました。

これを下地に、ガイアカラーのニュートラルグレー1を塗ったらこんな感じです。

どうでしょうか、ちょっと落ち着いてはいますが、
結構色合いが近くはありませんか?

このぐらいの違いなら、つや消しクリアーで整います。

ピンクサフ→赤

次に赤いパーツの下地に使った、
ガイアカラーのNAZCAピンクサフです。

これは赤以外にも、青、黄色、緑、などなど、
発色を良くしたい色の下地は全部これを使っています。

グレーのサフを下地にすると、
色が鮮やかに出なそうな色はいつもピンクサフです。

ピンクサフを下地にガイアブライトレッドを塗ると、
ナイス発色、鮮烈な赤が表現できました。

コアジム仮組

今回でコアジムパーツの塗装が、
95パーセントほど終わったので仮組してみます。

うぉー、やっぱ塗ると印象が変わりますね!

今までのコアガンダムのカラーでは、
ジムっぽさが薄かったですが、
やはり赤を基調にするとジムに見えますね。

組んでも塗装した白と、
塗装してない白の色合いは、
あまり違和感ございません。

この後部分塗装、墨入れ、デカールを貼って、
つや消しクリアーを吹いて終了です。



まとめ

閲覧ありがとうございました。

まとめです。

  • 白を明るく落ち付いた色を出すには下地はライトグレーサーフェイサー
  • 赤を鮮やかに発色したい場合はピンクサフ
  • 青、緑、黄色を鮮やかに発色させるにもピンクサフ
  • やっぱ胴体赤く塗るとジムだよね

現在一位をキープ中のガンプラブログランキング!
皆様のおかげです!引き続きお願いいたします!

ガンプラランキング

駿河屋スタッフ募集中

この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ガンプラ LBX ビルドミキシング , 2019 All Rights Reserved.