プラモクラフトブログ

Gフレーム08 F91レビュー 3っつの買うべきポイント

2019/12/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

今回はいきなり、GフレームのF91をレビューします!

これは凄い!

ネットで画像を見たときからもしやと思って買ったのですが、
めっちゃ好みの商品でした!

ポイントは3点
体型スケールディティール



商品仕様

Gフレームは、装甲と可動フレームが別売りの商品です。

つまり、2個買わないと、
一機のMSが完成しません。

一つ500円(税別)で1000円(税別)で1機完成する感じです。

まずフレームセットの内容はこんな感じです。


フル可動のフレームと、ライフル、ヴェスバー×2、
フェイスオープン頭部、左右の肩の放熱フィンです。

今度はアーマーセットです。

可動しない台座フレームと、左右の平手が付いています。

マッシブ体型

動かないフレームから装甲を外して、
可動フレームに装甲を付けていきます。


かっこいい!ガッチリした体型で、
重MSに見えますね。

可動もなかなか、旧1/100キットのボックスアートのポーズ!

ヴェスバーは背中から一度外して、
わきの下に付け直してグリップを掴みます。

銃身も結構伸びて、
迫力が有りますが、
内側が肉抜きになっています。

立膝ヴェスバー!

スケールはほぼ1/144

大きさですが、箱には約11センチと書いてあります。
頭頂高を計ると、確かに11.0cmでした。

商品の仕様上、
Gフレームはどの機体も全て約11cmです。
つまり機体によってスケールが違います。

νガンダムなどの大型の機体の場合、
11cmですと、1/200です。

F91は15.2mなので、15.2÷144=0.105555…
四捨五入で約11㎝ですね。

僕がメインで作っているスケールは1/144なので、
プラモデルと並べられるという意味は大きい!

以前作ったビルドF91と並べてみます。

これは大きさは一切イジっていないので、
改造していないHGUCF91とビルドF91は全く同じ全高さです。

ちょっとだけHGUCが大きいですが、
HGUCが若干大きく作っちゃっているという、
スケール表記されてない食玩Gフレームの方が、
1/144の大きさに近いという変な話(笑)

税抜きで1000円という価格もほぼHGUCと同じような価格なので、
プラモデルと近い価格帯なのも嬉しいですね!

ディティール

このGフレームですが、
今までも独自のデザインのディティールが入っており、
密度感があってかっこいいのですが、
今回のF91に関しても同様です。

つるっとした印象のF91が独特のディティールも相まって、
スパルタンな強さのあるイメージになっています。
墨入れが映えるでしょう!

元デザインの美しいラインも良いのですが、
ごっつい体型とこのディティールで、
めっちゃ強そうなF91もこれはコレでかっこいい!

格好つけて立ってみます。

改造するなら、股関節軸を少し前にして、
S字立ちできるようにしますね。



最後に

閲覧ありがとうございました。

まとめ

  • ガッチリとした重MS体型
  • ほぼ1/144スケール
  • 全身にハイディティール

以上の三つの点で、
税抜き1000円はお買い得だと思います!
1/144スケールが好きな方は絶対おすすめです!

毎日更新継続中~
皆様のご訪問のお陰で続けることが出来ています!
ガンプラブログランキングも1位継続中なのが嬉しい!

ガンプラランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ガンプラ LBX ビルドミキシング , 2019 All Rights Reserved.