プラモクラフトブログ

苦手なことをしても成長は遅くなる 塗装編

2020/01/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

今回の内容は、苦手なことをしても
成長が遅いというテーマです。

当たり前だろと思われるかもしれませんが、
ふと自分の模型人生を振り返ったときに、
思いつきました。

今回は塗装に関してです。



塗装歴25年のうち、無駄18年

私は、幼いころからAnikiの兄貴の影響で、
プラモデルを作っていました。

魔神英雄伝ワタルのプラクション、
ゾイド、元祖SD、BB戦士、ガンプラなどなど。

小学6年生のとき、
Gガンダムの1/144から塗装を始めました。

最初は筆塗りのみでしたが、
高校生からスプレー塗装をやり始め、
そこから10年以上筆塗りと
スプレー塗装をしていました。

その後20代後半から、エアブラシを本格的に導入し、
8年くらいエアブラシがメインの塗装工程になっています。

だいたい25年くらい塗装をしていますが、
そのうち18年ほどは、ほとんど上達していません。

エアブラシを使いだしてから一気に上達しました。

正直、筆塗とスプレーはすぐ成長が止まり、
稚拙なレベルで18年もしょぼい塗装をし続けていたわけです。

エアブラシを使いこなしている中学生にすら負けるレベルでしょう。

その間も、「エアブラシはいいよ」というアドバイスいただいたけど、
私は値段が…とか難しそう…とかなかなか一歩踏み出せませんでした。

一番安いエアー缶のエアブラシは持っていたので、
使ってましたがスプレーよりはやりやすいですが、
劇的に変わるわけでは有りませんでした。

塗装が苦手という思い込み

私は塗装が苦手でした。

筆塗りはハミ出すし、
筆ムラが出てしまい、綺麗な塗装面にならない。
スプレー塗装は均一な塗装面にならない。

ミキシングなどの改造は大好きでしたが、
塗装まで進むと、急に手が止まります

趣味は楽しくてやっているに、
なんで苦手でつまらない作業である、
塗装をしなければならないんだと、
常に思っていました。

皆さんも塗装に限らず、
趣味の中で苦手な作業はありませんか

塗装の上手な方、塗装が好きだという方は、
センスが有ってできているんだと思っていました。
自分は極端に塗装が下手でセンスもないと。

塗装を始めた12歳から、20代後半まで10年以上そう思い込んでいました。

ダブルアクションエアブラシとちょっと高い筆で全てが変わった

僕の塗装人生を大きく変えた道具、
それは20代の終わりから使い始めた、
ダブルアクションのエアブラシです。

それまではスプレーもしくは、
シングルタイプのエアブラシを使っていたので、
塗料の吹付量の調整が出来ませんでした。

ダブルアクションのエアブラシを使い始めて気づいたのは、
自分が塗装が苦手なのではなく、
筆塗りやスプレー塗装が苦手なのだということです。

ダブルアクションが自分に合っていたのでしょうか、
塗装がだんだん好きになり、上達できたと思います。
今までのスプレー人生は何だったんだと改めて思いますね。

しかもその後、筆塗りも少し高い筆を買うことで、
これまた上達し、以前は下手だったガンダムの頭部の塗り分けも、
まぁまぁ細かくできるようになりました。

高い筆は、模型制作スペースガイドビーコンさんの店長に勧められた、
トールペイント筆ライナー1750のNo.0です。
この筆のお陰で、細かい部分の塗装精度が向上しました。
ちょっと高いと言っても500円もしないのでご安心ください。
このように自分より専門知識が豊富な方に聞いてしまうのも手です。

向き不向き

ダブルアクションのエアブラシとちょっと高い筆を使い始めてからは、
塗装が苦手、つまらないという思い込みが消えました。

なぜなら、思い通りに塗装が成功するからです
それから私の完成までのスピードが圧倒的に早くなりました

ちょうどLBXを作り始めたころだったので、
そのパーツ分割のすばらしさと相まって、
改造フル塗装の作品を一か月で
2体くらいは仕上げられるようになりました

自分はスプレー缶塗装のセンスがないだけで、
それに代替できるエアブラシ塗装は向いていると言えます。

つまり、塗装が苦手なのではなく
スプレーが苦手で、エアブラシが合っていたということです。
15年以上なにしてたんだって感じですよね。

苦手や好きじゃないことは、早々に見切りをつけて、
それに代わることを試してみることが大事だと学びました。

苦手なことは回避して自分に合った道を模索しよう

私はエアブラシを使いだして、
思い通りの塗装が出来るようになってから、
塗装は苦手で楽しくないものから、
まずまず楽しい作業に変わりました。

ミキシングと比べたら、
そこまで好きではありませんが、
嫌いでなくなったことで、
完成スピードが上がったことも確かです。

それまでは苦手なことをやり続け、
一向に塗装の腕が上がりませんでしたが、
エアブラシをきっかけに塗装が上達したことは紛れもない事実です。

皆さんも今苦手な作業が有ったら
別の方法や、方向性を考えてみてはいかがでしょうか。

思わぬところに自分の才能を発見し、
苦手から得意に180°変わるかもしれません。

模型を自己流で行っている人は多いと思います。
そのため、自分が下手なことも
自分にセンスがないからだと考えがちです。

どんどん別の道を試したり、
自分よりも上手な先輩に尋ねてみましょう。



最後に

閲覧ありがとうございました。

苦手→楽しくない→上達しない
を、
楽しい→上達→得意にできたらなんと幸せなことでしょうか。

まとめです。

  • 苦手なのは、向いてないやり方をしているからかも
  • 向いてない面白くないことは無理をしない
  • 苦手を回避する方法を模索しよう
  • 自分より上手な先人に倣おう

今回は塗装に関してですが、
いつか、ミキシングに関して書いていきたいです。

現在ブログランキング1位を継続中です!
皆さまには日々感謝しております。
毎日更新継続中!2か月連続、記録更新中!

ガンプラランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ガンプラ LBX ビルドミキシング , 2019 All Rights Reserved.