プラモクラフトブログ

Oガンダム 改造 vol.6 エアブラシ塗装

 
この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

前回Oガンダムの脚のモールドの彫り直しをしました。

Oガンダム 改造 vol.5 モールドの復活

無事復活したので、
今回はエアブラシで塗装に入っていきます。

今回もべ全てのパーツを塗るわけではなく、
一部の色を他のパーツの色に合わせていくだけで終了したいと思います。



関節のガンメタ塗装

関節部はぶっちゃけ一切塗らなくてもよいのですが、
関節の可動部のみ、グレーではなく、
ガンメタやシルバーで塗ってやると、
複数の材質で構成されている複雑なメカであることを、
表現できて、情報量も増えるのでお勧めです。

このパーツ群を塗っていきます。

使うのは、Mr.カラースーパーメタリック、
スーパーアイアンです。

塗ったパーツを試しに組んでみましょう。

肘の方がわかりやすかな?

このように、関節部のグレーに、
ガンメタが加わることで見応えが増しました。

ちらりと見えるメタリックがポイントになってますね。

ベースガンダム白の塗り直し

ベースガンダムの白いプラスチックは、
パールの粒子が入った若干メタリックな色合いです。

画像から、キラキラした光沢が見て取れますでしょうか?

ベースガンダムの白いパーツは全部これなので、
塗り直してやる必要があります。

今回塗らない予定の、
Oガンダムやビルドバーニングの白いプラと色うので、
これらのパーツを白く塗っていきます。

まず、Mr.サーフェイサー1200を吹きます。

これはライトグレーで、白の下地に最適です。

下地のサフの色が暗いと、
白も暗くなってしまい、
無塗装の白いパーツと色合いが変わってしまうでしょう。

白に使う塗料は、未だに余っている、
昔のキャップのMr.カラーつや消しホワイトです。

懐かしいでしょー(笑)
なんかもったいなくて使ってみます。

結構いい色合いでした。

ベースガンダム赤(ピンク)の塗り直し

ベースガンダムの赤い部分は、派手な蛍光ピンクです。

これを腹筋やシールドと同じ真っ赤な色合いにします。

まず、下地にガイアのピンクサフを吹きます。

かなり明るいピンクですね。

その後使いますは、
前回のコアジムでも使用した、
ブライトレッドです。

これで、赤が発色できました。
赤の成型色だった、腹筋、
シールドなどもついでに塗ってしまいました。

少ないパーツで有ればたいして手間ではないので、
ちゃちゃっとやってしまってもよいでしょう。



最後に

塗った箇所は少し違和感がありますが、
締めの艶消しクリアーでまとまりますので、
今は気にしなくても大丈夫です。

色合いが統一出来てきました。

閲覧ありがとうございました。
日に日にブログランキングのポイントが大きく伸びていてうれしいです!

ありがとうございます!
毎日ブログ更新を頑張れるのも、皆さまのお陰です!

ガンプラランキング

駿河屋スタッフ募集中

この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ガンプラ LBX ビルドミキシング , 2019 All Rights Reserved.