プラモクラフトブログ

アースリィGP01fb vol.15 筆塗りと修正 アースリィ改造

 
この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

さて新年も去年に引き続き
アースリィフルバーニアンを作っていきます。

前回はフェイスの塗装をしました。

アースリィGP01fb vol.14 フェイスの塗装 アースリィ改造

今回は部分塗装と
青いパーツへの墨入れをしていきます。
筆塗りエナメル回になります。



筆塗りは無理ゲー?

筆塗りしたことがあるモデラーの皆さんに問います。

いままで一回も筆塗りではみ出したり、
失敗した経験の無い人っていますか?

筆塗りで完璧にミスしないで
模型作れるなんて人は超天才です。
そんな人いません。

私も小学校高学年で筆塗りでシャイニングガンダムを塗ったとき、
「きれいに塗装するなんて無理ゲーじゃね?」
と思いました。当時は無理ゲーなんて言葉はありませんでした、
クソゲーならありましたが…脱線すみません。

それくらい筆で塗料を模型に塗るのは難しい。
しかし、それは筆塗りを一発勝負と考えたら難しいのです

はみ出しのないきれいな筆塗りが出来ているのはカラクリがあります。
私の模型はエアブラシでおおまかに塗ってから、
部分塗装を筆塗りしています。

私の塗装はまずまず綺麗に見えているかと思います。
はみ出しもほぼ無く、丁寧に見えますよね?

筆塗りの箇所もあるのですが、
はみ出したり色むらが無いので、
どこがエアブラシでどこが筆塗りか
写真からはわからないと思います。

なぜエナメルで部分塗装するのか

いままで過去記事ではガイアとMr.カラーで塗ってきました。

プラモ用の塗料としては
上記の2種類はラッカー系塗料といい、
早く乾燥して、下の色を隠す力が強く、
発色のよい塗料です。

そのラッカーを使って全身をざっくり塗った後、
エナメルという乾燥が遅いですが、
筆塗りに適した塗料を使います。

タミヤのエナメルが有名ですね。
順番としてはこうです。

  1. ラッカーをエアブラシで塗る(キレイにできる)
  2. エナメルを筆塗りで部分塗装する(キレイにできなくてもよい)
  3. はみ出しを修正する(キレイにできる)

文章でいくら説明してもわかりにくいので、
実践していきます。

エナメル塗装の修正

ラッカーの白で塗ったGP01のヘルメットの
耳のグレーを筆塗りします。
使ったのはメタリックグレイです。

画像からグレーの塗料が横にはみ出してしまっているのが見えますか。

このはみ出しを、ジッポオイルと、
先の尖った模型用綿棒で落とします。

このジッポイルはコンビニどこにでも売っています。

これはタミヤエナメルのみを落とし
ラッカーは落としません
つまりはみ出たメタリックグレイのみを消すことが可能です!

先の尖った綿棒にジッポイルを染み込ませちょっとづつ拭き取ります。
するとはみ出しなんかなかった!
といえるほどきれいになりました!

次はフルバーニアン用の腰アーマーです。
白一色のパーツにメタリックグレイで筆塗り部分塗装しました。

ちょっとづつはみ出しているのが見えますか。

綿棒で修正!

一切はみ出しが無くなりました。
う~ん、キレイ。

青パーツへの墨入れと修正

同じ要領で青いパーツへの墨入れをします。
分かりやすくめっちゃはみ出します。

オイルを染み込ませた綿棒で表面をなぞるように拭きます。
決して力を入れてモールドの溝まで拭き取りすぎないようにしてください!
表面を撫でるように軽く拭き取ります。

このようにテクニックで筆塗りのハミ出しを修正すればOKということです。

はみ出さないように塗るのではなく、
はみ出したところを修正する方がはるかに簡単です。

こんな感じでコアゼフィランサスを
塗っては修正塗っては修正していきました。


上の画像の肘のはみ出し後で修正します。

いかがでしょうか、かなりきれいに塗れたと思います。
模型は間違えないように作るのではなく、
間違えた時の修正やカバーを知っておくのが上達のポイントだと思います。

私も含めて大多数は天才ではないので、
間違うこと前提で上手い修正法に頼りましょう。



最後に

閲覧ありがとうございました。

まとめ

  • 筆塗りは難しい
  • はみ出してもいくらでも修正が効く
  • 模型の上達には修正やカバーが重要

今年もよろしくお願いします。
毎日更新頑張ります。
分かりやすい記事を考えていきますので、
ぜひまた見に来てくださいね!

ガンプラランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
aniki%
30代の模型製作者です。 ~受賞歴~ ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 2018年オラザク選手権一次通過

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ガンプラ LBX ビルドミキシング , 2020 All Rights Reserved.